Twitterを始めたきっかけ

Twitterを始めたきっかけは、他の人とポケモンの話をしたり対戦したり、そんなつながりが欲しかったから。

 

一緒にポケモンをする人はいたけど、熱量が違っていた。だから、同じような熱量で話せるような人が欲しかった。

 

そして、Twitterを始めてから数カ月してつながりを持つことができた。

嬉しかった。嬉しかったと同時に僕の勘違いが始まった。

 

 

「強くないと相手にしてもらえないんじゃないか」「自分が弱いってわかったら失望されるんじゃないか」「なにか特別でなければいけないんじゃないか」

 

ありのままの自分では受け入れらない、つながっていられないと勘違いした。

 

「相手にどう思われたい」「相手にどうしてほしい」と自己執着ばかりしていて、相手を見ていなかった。相手を見ていないから、間違った努力をしていた。

 

 

そんなことをしなくても、相手は自分のことを嫌いにならないし、

それに相手は自分が思うほど、自分のことをそうも思ってもいない。

 

それに気付いて、力が抜けた。

 

 

これからは?これからも?どちらが正しい表現かわからないけれど、僕はこういうつながりを持っていきたい。

 

ポケモンの運要素について

こんにちは、今回は前回書けなかった運要素について書いていこうと思います。


これまで僕は勝ちたいときや負けが続いているときに運要素にネガティブな反応をしていました。

運要素は必ずついてくるもので、それに対して毎回ネガティブな反応をしていたからか、対戦中も対戦後もものすごく疲れていたし、気づいたら眉間にしわを寄せたこわい顔になっていました。


だから、運要素を気にしないことにしました!


そうしたら、不思議なものでなぜか運が良くなりました。(なにか怪しい勧誘みたいですね、笑)


なんでだろうって考えたときに、きっとこれまでに起きていた確率はなにも変わっていなくて、変わったのはそれに対する自分の目が変わったのだと思いました。


これまでは自分に不利なことに対して目をひからせていて、自分に有利なことに対しては目をつぶっていました。
だから、今まで見落としてきた自分に有利なことが見えるようになって、運が良くなったと感じたのだと思います。

また、今まで運要素に割いてきた自分の容量を、思考時間に割けるようになってプレイングが安定したり、対戦後に冷静に何が良くて何が悪かったといった振り返りができるようになっていたことも良かったんだと思います。



最後になりますが、感情を出すときってパワーがすごく必要で、それがポジティブなものであればとても気持ちがいいけれど、ネガティブなものだとすごく疲れますよね。

だから、これからは好きなポケモンをしたあとはポジティブに疲れたいと思います。


ここまで読んでくださりありがとうございました(*^^*)
みなさんの運が良くなりますように。

文章を書くにあたって

僕は自分の中で気づきが生まれると、文章を書きたくなります。

 

なにかをしていたらこんな発見があったとか、嬉しかったとか、感動したとか。

それを誰かに伝えたくて文章を書こうと思うのですが、いざ書こうとすると、頭が先に働いてしまいます。

どう書いたらいいのかな、文章構成はこうした方がいいのかなとか。どうしたら読みやすくて、伝わるかなとか。

文章の内容じゃなくて、そっちばかりに気を取られて、ついつい頭ばかり使ってしまします。

心が感動したから、書きたくなったのに、その心を置き去りにして、頭ばかりが先行していました。

それを気にするより心を込めて、心で書くことがまずは大事だと思いました。

 

という気づきでした!

 

本当はポケモンの運要素との付き合いかたについて書こうと思っていたのですが、それはまた今度にしようと思います。

ポリゴン2【対鋼ポケモン型】

 

こんにちは、みなさまはどんなポケモンライフをお過ごしでしょうか。

今シーズンで使用していて、使い心地がよかったポケモンがいたので書いていこうと思います。

 

使用していたパーティはこちらで、レートは1800でした!

 f:id:tea000:20180121194333p:plain

 

今回はこのなかでポリゴン2とガラガラ(アローラ)について書いていきます。

 

 

【ポリゴン2について】

ぼくはトリックルーム要員によくクレセリアを使用していたのですが、ギルガルドに弱かったり、トリル後に上手く動かすことができず、置物にしてしまうことがありました。

 

・耐久があって

・火力があって

トリックルームができる

 

なんて贅沢なポケモンがいないかなぁと考えてたどり着いたのが、めざめるパワー(地)ポリゴン2でした。

クレセリアやポリゴン2を使っていると、鋼ポケモンをよびやすいと思います。鋼ポケモンはぼうぎょが高いので、ポリゴン2は特性のダウンロードによってC+1しやすく、C+1すると大体の鋼ポケモンを確定2発にすることができます。特にギルガルドヒードランは対面でかなり有利に戦えます。

    …etc)

 

れいとうビームとめざパ(地)をもつことで、かなりのポケモンをみることができ、置物になることがほとんどなかったです。今まで苦手だったギルガルドヒードランランドロスはもちろん、今よく見かけるツンデツンデトゲデマルに対しても強くでれて、すごく頼りになりました。

 

 

【ポリゴン2とガラガラについて】

この二匹でみれる範囲が広く、ガラガラは火力があり、ポリゴン2は4倍弱点をつけるので、トリル後二匹だけで試合をひっくり返すこともありました。

 

ここまでポリゴン2の攻撃面について書いてきましたが、とはいってもトリックルームをはることがメインなので、Dに多めに努力値を振っています。(リザYの晴れねっぷう確定3発)ガラガラも最低限の火力を確保しつつ、Dに振っています。

 

 

 

努力値や技構成】

 

ポリゴン2

 

性格:ひかえめ

特性:ダウンロード

実数値:188-xxx-122-141-135-80

持ち物:しんかのきせき

わざ:れいとうビーム・めざめるパワー(地)・じこさいせいトリックルーム

 

 

《ダメージ計算》

 

◎めざめるパワー(地) ダウンロード後C+1

 

ツンデツンデ(H252)

ダメージ:160~192

割合:95%~114% 乱数1発(81%

 

トゲデマル(H252)

ダメージ:204~244

割合:118%~141% 確定1発

 

メガメタグロス(無振り)

ダメージ:74~88

割合:47%~56% 乱数2発(82%

 

メガクチート(H252)

ダメージ:84~100

割合:53%~63% 確定2発

 

ヒードラン(H252)

ダメージ:156~184

割合:78%~92% 確定2発

 

 

ギルガルド刃(H252)

ダメージ:136~162

割合:81%~97% 確定2発

 

 

れいとうビーム ダウンロード後C+1

 

ジャラランガ(無振り)Z使用後D+1

ダメージ:78~92

割合:52%~61% 確定2発

 

ランドロス(H252)チョッキ

ダメージ:192~228

割合:97%~116% 乱数1発(93%

 

 

ガラガラ(アローラ)

 

性格:いじっぱり

特性:ひらいしん

実数値:167-128-130-xxx-115-65

持ち物:ふといホネ

わざ:フレアドライブ・シャドーボーン・けたぐり・まもる

 

 

《ダメージ計算》

 

◎けたぐり

 

メガガルーラ(H252)

ダメージ:160~190

割合:75%~89% 確定2発

 

ヒードラン(H252)

ダメージ:184~218

割合:92%~110% 乱数1発(68%

 

◎シャドーボーン

 

ギルガルド(H252)

ダメージ:146~174

割合:87%~104% 乱数1発(25%

 

 

 

【おわりに】

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

ギルガルドヒードランに困ったら、ぜひ一度お試ししていただけたらうれしいです(*^^*)

最後になりますが、最鈍バンギラスが多かったので、2匹ともすばやさは最鈍にしようと思います。

 

 

ガラガラ&ファイヤー【シーズン5全国ダブル】

 

こんにちは、シーズン5お疲れ様でした。

みなさまはどんなシーズンになったでしょうか?

 僕は全国ダブルレート1814で最高レートを更新できたシーズンになりました。

 

今回はそのパーティについて書いていこうと思います。 

 

f:id:tea000:20170921171525p:plain

 

 

【このパーティの概要】

以下の①~⑤の組み合わせを試合ごとに組み合わせて戦う感じでした。

 

①  

 強気に動かして全抜きします。

 

② 

 トリルをしてガラガラのじしんで全抜きします。

 

③ 

 ペルシアンでめいそうのサポートをしてレヒレで全抜きします。

 

 ④  

 トリル下で高火力(ねっぷうとじしん)で全抜きします。

 

⑤ 

 電気から味方を守ります。

 

⑥ 

 困ったときはこの並びでいきます。

 

 

【それぞれのポケモンについて】

 

メタグロス

性格:ようき

努力値:AS252

実数値:155-187-151-xxx-110-134

特性:クリアボディ

持ち物:メタグロスナイト

技構成:アイアンヘッド・れいとうパンチ・かみなりパンチ・まもる

 

フロッゼ さんという方のブログで紹介されていた型そのままです。

クリアボディが強く進化のタイミングが大切でした。

②2種のパンチはすごく使いやすかったです、ファイヤーがいることもありエスパー技がなくても大丈夫でした。

 

 

 

ファイヤー

性格:ひかえめ

努力値:HCS

実数値:194-xxx-110-191-105-116

特性:プレッシャー

持ち物:とつげきチョッキ

技構成:もえつきる・ぼうふう・めざめるパワー(地)・ねっぷう

 

こちらもフロッゼ さんという方のブログで紹介されていた型そのままです。

①もえつきるをするタイミングをつかめるようになってから勝てるようになりました。 

②トリル下でガラガラと並ぶとかなり強かったです。

 

 

 

 

クレセリア

性格:れいせい

努力値:HC252

実数値:227-xxx-140-139-150-95

特性:ふゆう

持ち物:エスパーZ

技構成:サイコキネシスれいとうビーム・どくどく・トリックルーム

 

(性格は手持ちにいた個体がれいせいだったためです)

①どくどくは相手の積みポケモンに対してうちます、結構便利でした。

②パーティにZがいなかったこととクレセリアが置物にならないようにするためにエスパーZにしています。

 

 

 

ガラガラ

性格:ゆうかん

努力値:HA252

実数値:162-145-130-xxx-101-45

特性:ひらいしん

持ち物:ふといホネ

技構成:じしん・いわなだれ・はたきおとす・まもる

 

① トリル下での強さはもちろんですが、ひらいしんで味方を守ることが仕事にもなっていました。

②HD気味にして相手の抜群の攻撃を耐える型も試しましたが、僕的には最高火力のほうが使いやすかったです。理由は、相手をガラガラのじしん圏内にすれば勝ちという状況をその方が作りやすかったためです。

 

〈ダメージ計算〉

◎ じしん 
 ウルガモス(無振り)ダメージ: 144〜171
 割合: 90%〜106.8% 乱数1発 (43.8%) 
 
 メガガルーラ(H振り)ダメージ: 102〜121
 割合: 48.1%~57% 乱数2発 (90.2%)

 

 カプ・レヒレ(H振り)ダメージ: 91〜108
 割合: 51.4%~61% 確定2発

 

 ◎いわなだれ

 メガリザードンY(HD振り)ダメージ: 188〜224
 割合: 101.6%~121% 確定1発

 

 

 

ペルシアン

性格:おくびょう

努力値:HDS

実数値:159-xxx-80-95-100-180

特性:ファーコート

持ち物:オボンのみ

技構成:ねこだまし・イカサマ・バークアウト・すてゼリフ

 

①とても器用な子です、味方のサポートだけでなくイカサマで攻撃していけることも魅力的でした。

②半分回復きのみよりオボンのみのほうが発動しやすく場持ちしやすかったです。

 

 

 

カプ・レヒレ

性格:ずぶとい

努力値:HC252

実数値:177-xxx-148-144-150-105

特性:ミストフィールド

持ち物:ウイのみ

技構成:ムーンフォース・だくりゅう・めいそう・まもる

 

 ①きのみを食べるまでとにかく積みます、食べたら攻撃します。2積みできれば全抜きできた印象です。このパーティがリザードンY、ギルガルド、レヒレをすごく呼びますが、このポケモンたちを積みの起点(多少強引ですが)にして積んでいきます。

 ②Zわざがとんでくることがほとんどなので、まもるで防ぐことや電気Zをひらいしんで吸うことが大切でした。

 

 

 

 

《感想》

天候パーティに対して明確な答えができていないことやZわざがあまり活かせていないことが課題に感じています。

クレセリアの型を変えるかクレセリアの枠を変えるか、かなと思っています。

 

このパーティは組み合わせがたくさんあり、いろんな組み合わせで戦えることが楽しくて強みでした。

なにより、ファイヤーとガラガラと1800にこれたことが嬉しかったです。

 

 

QRパーティも公開してみたので、よかったらお試しください!

 

毎シーズン言っていますが、次こそ1800に早く到達してその先にチャレンジしていきたいです。 

ここまで読んでくださりありがとうございました、みなさまのポケモンの時間が良い時間になりますよう。

 

 

キュウコン&グレイシア【WCSレート】シーズン3

こんにちは、シーズン3お疲れ様でした。

みなさまはどんなシーズンを過ごされましたか?

 

今回はJCSとシーズン3で使用したパーティについて書いていこうと思います。

《成績》

◎JCS(1600)

(A)8-1(B)11-3(D)9-1

◎WCSレート(1800)

 

 

早速ですが、今回のパーティはこちらです。

 

f:id:tea000:20170515155105p:plain

シーズン2に引き続き、キュウコン&グレイシアを中心とした霰パーティです。

今回は「ルカリオ」と「ニョロトノ」を新たに加えて戦いました。

 

 

【それぞれのポケモンについて】

キュウコン

性格:おくびょう

努力値:CS252

実数値:148-xxx-96-133-120-177

特性:ゆきふらし

持ち物:きあいのたすき

技構成:ふぶき・フリーズドライオーロラベール・まもる

 

①天候をとってもらいます。天候の奪い合いになったときに一撃でやられないように

 持ち物は「きあいのたすき」にしています。

 

 

 

グレイシア

性格:ひかえめ

努力値:HC252

実数値:172-xxx-130-199-115-85

特性:ゆきがくれ

持ち物:いのちのたま

技構成:ふぶき・シャドーボール・めざめるパワー(地)・まもる

 

①持ち物は「とけないこおり」「のんきのおこう」なども使用しましたが、

 火力が足らず、「いのちのたま」にしたところ一気に覚醒しました。

 

〈ダメージ計算〉(打つ機会が多かった相手です)

 ガラガラ(H252)ダメージ: 159〜187
 割合: 95.2%〜111.9% 乱数1発 (62.5%) 
 
 メタグロス(無振り)ダメージ: 146〜172
 割合: 94.1%〜110.9% 乱数1発 (62.5%)

◎めざめるパワー(地)
 ウインディ(H252)ダメージ: 117〜140
 割合: 59.3%〜71%  確定2発
 
◎ふぶき
 カプ・コケコ(無振り)ダメージ: 126〜149
 割合: 86.8%〜102.7% 乱数1発 (18.8%)

 

 

 

ウツロイド

性格:れいせい

努力値:BC252

実数値:185-xxx-99-196-151-97

特性:ビーストブースト

持ち物:リリバのみ

技構成:パワージェム・ヘドロばくだんトリックルーム・まもる

 

①トリル要員で、持ち物を「リリバのみ」にしているので、カミツルギの前でも

 安心してトリルをはれました。

 

②すばやさは、最遅にしてトリル下でカプ・テテフカプ・レヒレ

 上から攻撃できるようにしてあります。

 最遅のテテフとレヒレにはほとんど遭遇せず、すごく使いやすかったです。

 

 

 

アマージョ

性格:いじっぱり

努力値:HA252

実数値:179-189-118-xxx-119-90

特性:じょおうのいげん

持ち物:かくとうZ

技構成:トロピカルキックとびひざげり・フェイント・まもる

 

①相変わらず「じょおうのいげん」が使いやすく、強い特性だと感じました。

 テテフほど警戒されず、先制技をもらう機会が多かったです。

 

 

 

ルカリオ

性格:なまいき

努力値:HD252

実数値:177-130-91-xxx-134-85

特性:せいしんりょく

持ち物:ヨプのみ or オッカのみ

技構成:インファイト・フェイント・このゆびとまれ・まもる

 

 

《新規加入の理由》

 とにかくトリルをはりたい時に、適したポケモンがいないか探していたら、

 ルカリオにたどり着きました。ルカリオは好きなポケモンだったので、

 このパーティにはまってうれしかったです。

 

①ほぼ攻撃を2耐えできるような努力値や持ち物にしてあります。

 「ヨプのみ」はカミツルギウインディ、「オッカのみ」はウインディ

 サブウエポンで炎技を打つポケモンを意識しています。

 

 

 

ニョロトノ

性格:れいせい

努力値:ほぼHC252

実数値:193-xxx-99-155-119-81

特性:あめふらし

持ち物:みずZ

技構成:ハイドロポンプれいとうビーム・あられ・まもる

 

 

《新規加入の理由》

 ウインディギガイアスがパーティで重すぎたため、この二匹に強く、

 一撃で倒せる子を探していたら、ニョロトノにたどり着きました。

 

①すばやさは、トリル下でグレイシアより先に行動できるように下降補整を

 かけています。

 理由は、ニョロトノ「あられ」⇒グレイシア「ふぶき」を打つためです。

 

②「あられ」は、①も理由の一つですが、単に天候を奪うことや、相手のたすきを

 削ることにも優れていて、結構ありでした。

 

③みずZは、良い火力で楽しかったです。

 

 

〈ダメージ計算〉(打つ機会が多かった相手です)

◎みずZ(フィールド:雨)

 テッカグヤ(H252)ダメージ: 202〜238
 割合: 99%〜116.6%  乱数1発 (93.8%)

 

 カプ・テテフ(H252)ダメージ: 183〜216
 割合: 103.3%〜122% 確定1発

 

◎みずZ(フィールド:砂)

 ギガイアス(H252)ダメージ: 218〜258
 割合: 113.5%〜134.3%  確定1発

 

◎みずZ(特攻ランク-1)

 ウインディ(H252)ダメージ: 218〜258
 割合: 110.6%〜130.9%  確定1発

 

 

 

【感想】

JCSは1600を目標にしていて、負ける前に止めてしまったのでもう少しチャレンジすればよかったです。

WCSレートも日程ギリギリで1800にのれたので、次はもっと早めに1800に行けるようにして、1800帯で戦えるようになりたいです。

 

 

【次シーズンについて】

次シーズンも、キュウコン&グレイシアで戦いたいと思っています。

 

あと、僕はドレディアが一番好きなポケモンなので、次はドレディアと1800も目指したいなぁなんて思っています。

(実は、シーズン3で「しぜんのちから」ドレディアを使っていたのですが、

 気付いたら1400台前半で戦っていました、笑

 ただ、可能性はかなり感じたので、良い報告ができるように頑張りたいです)

 

JCSでしばらく燃え尽き症候群だったのですが、次は全国ダブルにも目を向けて、

楽しんでいけたらと思います。

 

ここまで、読んでくださりありがとうございました!

では、失礼します、

みなさまのポケモンが良い時間になりますよう…。

 

心が満たされる瞬間

みなさま、JCSお疲れ様です。まだ大会は終わっていませんが、進捗はいかがでしょうか?

 
JCSから少し離れますが、最近ポケモンについての記事をいくつか読んで、自分にとってのポケモンって何だろうと改めて考えてみたくなりました。今僕がポケモンをやるうえで大切にしていることは「好きなポケモンで自分らしく」で目標は「立派なポケモンコーディネーターになること」です。
それを踏まえて、今までの自分のポケモントレーナーとしての歴史を振り返っていこうと思います。
 
 
僕が本格的にレート対戦するようになったのはXYからでした。
 
当時はサンダーマンムーで【ほうでんとじしん】をすることが最強だと思い「きっとみんなこんなすごいこと思いついてないぞ」と信じて疑わずレートに挑戦しました。 もちろん結果は全然勝てず「強い人っていっぱいいるんだなぁ」とほろ苦いスタートでした。
 
 
ここからは僕が影響を受けた三人のトレーナーを紹介していきます。
そのうちの二人はXYでレート対戦をした方ですが、特に面識はなく、一方的に憧れている方たちです。
 
一人目は、TNいのりさんという方。
僕はリザードンフシギバナを使っていて、いのりさんのポケモンは色違いのエンテイでした。僕はエンテイが何をしてくるかわからず、エンテイに【せいなるほのお】を打たれパーティは半壊、とどめに【しんそく】を打たれて試合終了。
フィールドが晴れていたこともあり、色違いのエンテイは神々しく、エンテイから放たれる【せいなるほのお】はとても美しくて【しんそく】で勝負を決める華麗さは本当に衝撃的でした。
ボロボロにやられてしまいましたが、あの時の光景は今でも忘れられません。
 
 
二人目はTNれいかさんという方。
れいかさんはあられパーティの方でした。覚えている限りですが、れいかさんのパーティはユキノオーグレイシアクチートニョロトノファイアローでした。実は、2回対戦しましたが2回とも負けました。れいかさんはご自身のお名前通り、天候をうまく操り戦う方でした。またファッションもそれに合わせていて、その姿はキラキラしていてとてもかっこよく感じました。
 
 
今こうして振り返ると、おふたりからすごく影響を受けていて、この時から自分のこだわりであったり、らしさみたいなものを持って戦うことやポケモンの美しさみたいなものに強く魅かれ、憧れていたんだなと改めて感じます。
 
 
そして、三人目はアニメDPのヒカリちゃんです。
アニメのなかでヒカリちゃんがポケモンの魅力を最大限に引き出していたり、コンテストになるとファションを変えていたり、ポケモンたちと一緒に輝いている彼女に憧れを抱き、自分もそうなりたいと思うようになりました。
 
 
僕はもともと可愛かったり、美しかったり、凛としたポケモンが好きでした。そこに三人のトレーナーから受けた影響が加わり「好きなポケモンで自分らしく」が自分のポケモントレーナーとして大切なものになっていきました。
 
そんなことを言ったばかりですが、なかなか勝つことが出来ず、悔しくて勝ちたくて、いわゆるスタンダードパーティや強い人のパーティをそっくりそのまま使うこともありました。 
ただ、たまに個性的なパーティと当たると羨ましく思う自分がいて、たまならくなったことを覚えています。
 
いつしかスタンダードパーティで高レート(僕にとっては1800)にいった時より、自分の好きなポケモンでしたいことをしている時のほうが、心が満たされていることに気付きました。
それからは不思議と負けた試合でも楽しかったと思えるようになったり、どうやったらこの子たちが輝けて勝てるのかを考えるようになりました。
 
 
僕はレートは毎回、目標を1800にしています。ORASの時に何度か好きなポケモンで1800を達成することが出来ました。 そのときのパーティをかるく紹介します。
この子たちを好きになった理由は、ミミロップはヒカリちゃんの影響で、サーナイトはお相手の色違いのサーナイトに【ハイパーボイス】を放たれその美しさに魅了されて、ルカリオは完全に一目惚れです。
このときは、ミミロップが【フラフラダンスとでんじは】で場をあらし、サーナイトの【ハイパーボイス】で制圧して、ファイアローファイアローの【おいかぜ】でしめるといった戦い方でした。
 
いわゆる運ゲーの要素がたっぷりの戦い方でしたが、ミミロップの魅力を引き出せたんじゃないかなと満足しています。
 
 
いろいろと話しましたが、ポケモンはたのしいですね。 
たくさん考えて、悩んだり、良い作戦が思いついたと喜んだり、そして出来上がったパーティで挑む前の高揚感はなんとも言えません。
 
戦って勝てれば嬉しいし、負ければ悔しくて落ち込むし、でも自分のポケモンたちをどんどんを好きになって。
 
挑む度に、いろいろなパーティと会えたり、想像もしなかったコンビネーションに驚かされたり。
 
いつも戦う前は恐くて、震えるけど、たくさんのトレーナーやポケモンたちに会えるのがほんとうに楽しいなって感じます。
 
  
最後に、今回のJCSでは「好きなポケモンで自分らしく」ができた大会になったと満足しています。今回僕のパーティは

僕自身もこおりのような透明感のあるファッションにしてみました。

f:id:tea000:20170503093659j:plain

このパーティの詳細もまとめられたらなと思っています。

 
 
 
ここまで、読んでくださりありがとうございました。
みなさんがポケモンをしていて心が満たされる瞬間はどんなときですか?
僕はポケモンたちと一体になれた時のようです。
 
僕はこれからも「立派なポケモンコーディネーター」を目指し、新たな出会いに心を躍らせながら次の冒険に出発しようと思います。