ルナアーラ&カイオーガ【INC November】

こんにちは、INC NovemberとSeason12で使用したPTを紹介したいと思います。

PTと結果はこちらです。

f:id:tea000:20181205171637j:plain

INC November :24勝4敗(85.7%) 1782

Season12 :30勝9敗(76.9%) 1815

 

 

このPTは中速~高速ポケモンを集めた追い風偽装のトリックルームに特化したPTです。ルナアーラでトリルをして、バンドカイオーガで攻めていきます。

 

 

 

【大体の戦いの流れ】

の先発 もしくは

(相手には眼鏡ルナ+追い風→カイオーガで制圧にみえてほしい)

でトリル、orに交代

(ルナを特性でサポート)

で制圧

(※カイオーガルナアーラカミツルギは最遅にしています)

 

 

  

【各ポケモンで工夫したこと】

ガオガエン

 Sを振って上からねこだまし、トリル下は後攻とんぼがえりができるようにしました。

 

カプ・コケコ

 選出画面の左上に配置してエースや中心感を出して高速PT偽装を担ってくれました。

 

カミツルギ(色)

 色違いで速そうアピールをしました。トリル下でも厳選難易度を考えて最遅はないと思ってもらえたはず…。実際はトリル下で無振りカイオーガグラードン(実数値110)を上から攻撃できます。

 

アマージョ(色)

 色違いに白いハーブ持ちで、前のめり感を出しました。アクロバットはバレルやルンパ、アマージョにささりました。

 

 

 

【戦闘中に工夫したこと】

ルナアーラがトリルをできずに倒れたとき

Sが負けていても即決でカイオーガカミツルギを繰り出します。時間をかけないことによって相手が深読みして、交代やまもるをしてくれサイクルを崩せることが何度かありました。(カイオーガカミツルギといった圧力のあるポケモンだからこそできたと思います)

 

対トリルPTとたたかうとき

ルナアーラを先発にせず、相手がトリルをしやすい環境をつくります。トリルをしてくれたら、焦らずカイオーガを繰り出します。

 

 

【感想】

イベルタルグラードンがきつく、S操作が一匹でトリルだけということが少し窮屈でした。ただ、PT全体をトリル特化している分イージーウィンも多く、初見倒し性能も高いPTだったと思います。

 

  

 

【雑談】

ここまで、読んでくださりありがとうございました!

ここからは雑談です。

 

みなさんはどんな大会やシーズンになったでしょうか?ぼくはシーズン12から練習してきたことがそのまま大会でできて大満足でした。

今回のPTではアマージョ+コケコという裏選出があって、実はその動きをシーズン中に何度も試して、何度も失敗していました。シーズンの最後のほうでやっとかたちになってきて、シーズンでも大会でもその選出で勝つことができてそれが一番うれしかったですヽ(*^^*)ノ

 

あとは、今回の大会で改めて試合中に最後まで諦めないことは必要だなと感じました。大会はいつもより緊張するし、選択時間も短いし、プレイングミスや深読みをしたり、いろいろな不確定要素があると思います。だからこそ、自分の中で(自分の視野で)自分を負け確定にしてしまわないことがとても大切だと思いました(>_<)

今までは負けそうになると、「もうダメだぁ」とプレイングが雑になったり、すぐに降参ボタンを押してしまったりしていたので、そこは成長できた気がしています(#^^#)

 

 【おわりに】

長くなりましたが最後に、ぼくはポケモンのつながりがほしくてツイッターやブログをしているのですが、なかなかというか全然自分から声をかけられないので、もしよかったらお気軽にフォローなどしていただけたらうれしいです(^^)/

ではでは、失礼します☆彡

 

 

 

 

 

クレセリア&メタグロス【シーズン11全国ダブル】

こんにちは、今回はシーズン11の全国ダブルで目標のレートを達成できたので、そのパーティについて書いていこうと思います。

結果は1805でした。

 

今回のパーティです。

f:id:tea000:20180829192914p:plain

 

 

【このパーティについて】

今シーズンは、

①レート1800

②出来ればガラガラorファイヤーと

を目標にしていました。

 

結果はガラガラともファイヤーとも1770くらいが最高で、②は達成できませんでした。

その流れのままのパーティを少し変えただけなので、パーティのコンセプトなどはないのですが、今回は1匹1匹の可能性を引き出すことを頑張ってみました。

 

 

 

【それぞれのポケモンの紹介】

※今回良かったと感じたところや挑戦したところを赤字にしています

 

 

ボーマンダ

性格:ひかえめ

実数値:171-x-150-188-128-154

努力値:4-0-0-244-140-108

特性:いかく→スカイスキン

持ち物:ボーマンダナイト

技構成:ハイパーボイス かえんほうしゃ みがわり まもる

 

S:準速100族抜き

D:ひかえめレヒレムーンフォースを確定耐え(割合:73.6%~87.7%) 

 

いつもは最速100族抜きまで振っていましたが、そこまで振る必要があるのかと疑問に思い、その分をDに振ってみました。

個人的にいつでも苦手なレヒレに少し強気で動かせたことはよかったのですが、最速テテフやよくわからないポケモンに上をとられて焦るということがあったので、一長一短って感じでした。ただ、いつもと違う感覚で使っていて楽しかったです。

 

みがわりですが、ガチトリルやギミック系に対してみがわりを残してハイボを何度か通すという動きが強かったです。(ガチトリルは初手に隙が多いことや、ギミック系は発動までのターンに隙があるためです)

 

 

 

カプ・コケコ

性格:ひかえめ

実数値:148-x-105-161-95-179

努力値:20-0-0-252-0-228

特性:エレキメーカー

持ち物:デンキZ

技構成:10まんボルト マジカルシャイン ボルトチェンジ まもる

 

ボルチェンしているだけで強かったです。

 

 

 

クレセリア

性格:おだやか

実数値:209-x-155-114-183-103

努力値:108-0-116-148-183-0

特性:ふゆう

持ち物:ウイのみ

技構成:れいとうビーム エナジーボール サイドチェンジ トリックルーム

変更前:(こごえるかぜ てだすけ サイドチェンジ トリックルーム)

 

れいとうビーム:ASスカーフランドロスを乱数1発(81.3%) 

エナジーボール:H振りトリトドンを確定2発(割合:71.5%~84.4%) 無振りメガラグラージを確定2発(割合:68.5%~82.2%)

 

雨パやテテフグロス系のサイクルを崩せるポケモン

最初はHD振りでサポートに徹していましたが、1750をこえたあたりからじゃくてんほけんバンギラスが機能せず、そのサポートだけでは行き詰まってしまいました。

 

そんな時、サブロムでも使っていたクレセバンギに遊び半分でエナジーボールをいれたらびっくりするぐらい使いやすくてすぐに逆輸入しました、笑

技構成もサポートから攻撃型に変更し、もともときつかったメガラグラージや環境に多いトリトドン、いつでもいるランドロスに大ダメージを与えられるようになって、バトルがすごく楽になりました。

あと、地味にミズZレヒレミロカロスを削っていけることもよかったです。

 

耐久面の努力値は適当に振っているので、もっとCに割いてもいい気がします。 

 

 

 

 バンギラス

性格:ゆうかん

実数値:207-189-134-x-130-59

努力値:252-140-28-0-76-0

特性:すなおこし

持ち物:じゃくてんほけん

技構成:いわなだれ かみくだく けたぐり まもる

 

HB:ようきメガメタグロスアイアンヘッド確定耐え(割合:84%~99.5%)

 

クレセリアのところでも書きましたが、強い人ほどバンギラスに弱点技を打ってくれず、いかくをまわされ機能停止状態でした。

ただ、いかくをしてくるランドロスボーマンダガオガエンを誘うポケモンとして考えるようにして、クレセリアが削ったところを倒すという役割にしてからは安定してきたと思います。

 

じゃくほ+てだすけ+いわなだれをすることしかできていなかった自分を変えるいいきっかけになりました。

 

 

 

メタグロス

性格:いじっぱり

実数値:179-191-150-x-129-93

努力値:188-148-0-0-148-20

特性:クリアボディ

持ち物:ジメンZ

技構成:アイアンヘッド じしん れいとうパンチ まもる

 

ジメンZ:H振りガオガエンを確定1発 無振りメガメタグロスを乱数1発(87.5%) H振りギルガルドを乱数1発(43.8%)

HD:C特化ギルガルド(おくびょうメガゲンガー)のシャドーボールが乱数1発(25%) C特化サンダーのデンキZを確定耐え(割合:83.6%~97.7%)

S:追い風下の最速110族抜きのガオガエン抜き

 

サナガエン系を1匹でみれるポケモン。Dを厚くしたのでチョッキをつけながらZを打っているようなわけのわからない感覚でした。

サナガエンが苦手でこの2匹を倒せるポケモンを探していて、カナエルさんのブログでジメンZメタグロスに出会い採用しました。

(カナエルさんのブログです http://kanael3.hatenablog.com/)

サナガエンだけでなくテテフグロスにも強くでれたことが良かったです。

 

ただ、このメタグロスには注意点があり、あまりささっていないのに強いからとりあえず選出して置物になるという落とし穴がありました。過信は禁物です、笑

 

 

 

カプ・レヒレ

性格:ずぶとい

実数値:177-x-148-142-150-110

努力値:252-0-0-212-0-36

特性:ミストメイカ

持ち物:フィラのみ

技構成:だくりゅう ムーンフォース めいそう まもる

 

HB:ようきA振りメガメタグロスアイアンヘッドが乱数2発(18%)(割合:44%~52.5%)

 

Bが無振りだとメガメタグロスにほぼ確定2発をとられてしまうので、性格をずぶといにしてめいそうを積みやすくしました(きのみの発動で)。

火力ですが、このPTでは相手のポケモンを削ることが役割だったのであまり気になりませんでした。

Sはレヒレ対面で先にめいそうしたかったので少し振りましたが、結果は半々くらいでどこまで振ればいいのか答えは出ませんでした。

 

 

 

 

 

ここまで、読んでくださりありがとうございました!

選出や立ち回りについては書けませんでしたが、それぞれのポケモンたちがみなさんのパーティにフィットしたり参考になったら嬉しいです。

 

 

ここからは雑談ですが、みなさんはどんなシーズンになったでしょうか?

 

僕は初めて統一にも挑戦しました!

草統一でチャレンジして、1600を目標に頑張りましたが最高は1599でした(><)

 

f:id:tea000:20180829194033p:plainf:id:tea000:20180829194053p:plain

 

目標には届かなかったけれど、統一をしてみて相手の選出を少し読めるようになったり、勝筋を拾うための行動をとれるようになったり、いろんなポケモンを育てて戦えてそれが楽しかったです(#^^#)

レートでは統一同士のマッチングはありませんでしたが、フレ戦で草統一対電気統一のバトルができたことも嬉しかったですヽ(*^^*)ノ

あとは、見た目が苦手で避け気味だったダーテングも今では大好きなポケモンになりました!

 

 今シーズンもあと少しですが、みなさんにとって良いシーズンになりますように。

ではでは失礼します☆彡

 

 

 

ジュナイパー【シーズン10全国ダブル】


こんにちは、今回は全国ダブルレートで満足のいく結果が出せたパーティについて書いていきます。成績は13勝1敗でレート1678でした。

 

 

 

f:id:tea000:20180528125050p:plain

 

 

【このパーティについて】

僕はパーティを組むといつもカプ・レヒレや水タイプが弱点のポケモンが重くなっていて、それを解消したいと考えた結果マリルリにいきつきました。高火力が好きなので持ち物はこだわりハチマキ。

 

このハチマキマリルリは強いは強かったのですが、なぜか勝ちきれませんでした。原因を考えて制圧力が足りないのかもと感じて、さいはいで2回攻撃したらどうかなと思ってヤレユータンを採用。

 

制圧力は上がって安定はしてきたけれど、それでもカプ・レヒレを重くみていてパーティに地面弱点が2匹いることもあって草タイプのポケモンを探しました。

そこで見つけたのがジュナイパーバンギラスの弱点も受けれて、少し苦手なギルガルドとも戦えて、ねこだましも効かなくて、カッコよくて最後のピースとしてピタリとはまりました。

 

では、それぞれの役割や感じたことを書いていきます。

 

 

 

 

努力値や技構成】

 

カプ・コケコ

 

性格:ひかえめ

特性:エレキメーカー

実数値:148-xxx-105-161-95-179

持ち物:デンキZ

わざ:10万ボルト・ボルトチェンジマジカルシャイン・まもる

 

デンキZで相手のポケモンを1匹倒すことが一番の役割でした。ボーマンダとカプ・コケコの上から高火力は単純に強すぎました。もちろんトリル後のフィニッシャーとしても強くて、この強さはみんなコケコ使うなぁって思いました。

 

 

ボーマンダ

 

性格:ひかえめ

特性:いかく→スカイスキン

実数値:171-xxx-150-188-110-172(メガ後)

持ち物:ボーマンダナイト

わざ:ハイパーボイスかえんほうしゃ・みがわり・まもる

 

ヤレユータンと並ぶことが多く、お互いにサポートしあっていた感じです。ヤレユータントリックルーム発動のための引きつけ役としてのボーマンダボーマンダの攻撃回数を稼ぐためのヤレユータンのサイドチェンジ。

みがわりは、ボーマンダは前のターンにまもるをするとほぼ次のターンに狙われるので、そこをみがわりでかわすことが使いやすかったです。

 

 

バンギラス

 

性格:ゆうかん

特性:すなおこし

実数値:207-189-134-xxx-130-59

持ち物:じゃくてんほけん

わざ:いわなだれかみくだく・けたぐり・まもる

このポケモンにタイプ相性はあるのでしょうか。自ら天候を変えることができて、すべての攻撃を耐え、すべてを倒す、最強のポケモンでした。じゃくてんほけんの発動が前提なので耐久に努力値を振っています。

 

 

ジュナイパー

 

性格:いじっぱり

特性:しんりょく

実数値:185-152-95-xxx-140-90

持ち物:いのちのたま

わざ:リーフブレードかげぬい・のろい・まもる

雨パーティや積んでくるような面倒な相手がメインでした。Dに多めに努力値を振って、雨パポケモンれいとうビームを2発耐えてリーフブレードを返す動きができました。ちなみにギルガルドシャドーボールも耐えられます。

のろいは、ツボラキにいれてなんとか勝てた試合もありましたが、マジックガードスキルスワップされるとのろいもはいらないので対策になるかは微妙でした。

 

 

ヤレユータン

 

性格:ずぶとい

特性:せいしんりょく

実数値:197-xxx-145-110-130-80

持ち物:イアのみ

わざ:イカサマ・さいはい・サイドチェンジ・トリックルーム

本当に味方のサポートに長けたポケモンだなぁと感じました。個人的にはトリックルーム→サイドチェンジ、サイドチェンジ→トリックルームが決まりやすく使いやすかったです。ずぶとい性格はいかく込みでガオガエンZを耐えたり、いろいろなところから飛んでくるはたきおとすを耐えれたので良かったです。

持ち物は、はたきおとすがあまりに多かったのでナモの実や、半分回復の実は発動が難しいので確実に役割を果たしやすいオボンの実でも良いと思いました。

 

 

マリルリ

 

性格:いじっぱり

特性:ちからもち

実数値:207-112-100-xxx-100-49

持ち物:こだわりハチマキ

わざ:たきのぼり・はたきおとす・れいとうパンチ・アクアジェット

 

最初はじゃれつくを入れていたのですが、わざを外すことがどうしても嫌だったことと、このパーティはカプ・ブルルが重かったのでれいとうパンチにしました。やっぱり命中安定は安心します。

あとバンドリに対してひそかな目的であった、アクアジェットで無振りドリュウズを1発で倒せたときは嬉しかったです。

 

 

 

【おわりに】

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ここ数ヶ月はポケモンをもうやらなのかなと思うほど離れていたのですが、久々にポケモンに夢中になれて楽しかったです。このパーティでレート1700を目指してやろうかなと思っていたのですが、また期間が空いてしまったことや、もしチャレンジして負けたらきっと落ち込んでしまうので、それより今はこの嬉しい気持ちを大切にしたかったので少し中途半端でしたがここで区切りました。

 

つぎはどんなポケモンを使ってみようかな、ではでは失礼します☆彡

 

 

ポリゴン2&ガラガラ(アローラ)【シーズン7全国ダブル】

 

こんにちは、みなさまはどんなポケモンライフをお過ごしでしょうか。

今シーズンで使用していて、使い心地がよかったポケモンがいたので書いていこうと思います。

 

使用していたパーティはこちらで、レートは1802でした!

 f:id:tea000:20180121194333p:plain

 

今回はこのなかでポリゴン2とガラガラ(アローラ)について書いていきます。

 

 

【ポリゴン2について】

ぼくはトリックルーム要員によくクレセリアを使用していたのですが、ギルガルドに弱かったり、トリル後に上手く動かすことができず、置物にしてしまうことがありました。

 

・耐久があって

・火力があって

トリックルームができる

 

なんて贅沢なポケモンがいないかなぁと考えてたどり着いたのが、めざめるパワー(地)ポリゴン2でした。

クレセリアやポリゴン2を使っていると、鋼ポケモンをよびやすいと思います。鋼ポケモンはぼうぎょが高いので、ポリゴン2は特性のダウンロードによってC+1しやすく、C+1すると大体の鋼ポケモンを確定2発にすることができます。特にギルガルドヒードランは対面でかなり有利に戦えます。

    …etc)

 

れいとうビームとめざパ(地)をもつことで、かなりのポケモンをみることができ、置物になることがほとんどなかったです。今まで苦手だったギルガルドヒードランランドロスはもちろん、今よく見かけるツンデツンデトゲデマルに対しても強くでれて、すごく頼りになりました。

 

 

【ポリゴン2とガラガラについて】

この二匹でみれる範囲が広く、ガラガラは火力があり、ポリゴン2は4倍弱点をつけるので、トリル後二匹だけで試合をひっくり返すこともありました。

 

ここまでポリゴン2の攻撃面について書いてきましたが、とはいってもトリックルームをはることがメインなので、Dに多めに努力値を振っています。(リザYの晴れねっぷう確定3発)ガラガラも最低限の火力を確保しつつ、Dに振っています。

 

 

 

努力値や技構成】

 

ポリゴン2

 

性格:ひかえめ

特性:ダウンロード

実数値:188-xxx-122-141-135-80

持ち物:しんかのきせき

わざ:れいとうビーム・めざめるパワー(地)・じこさいせいトリックルーム

 

 

《ダメージ計算》

 

◎めざめるパワー(地) ダウンロード後C+1

 

ツンデツンデ(H252)

ダメージ:160~192

割合:95%~114% 乱数1発(81%

 

トゲデマル(H252)

ダメージ:204~244

割合:118%~141% 確定1発

 

メガメタグロス(無振り)

ダメージ:74~88

割合:47%~56% 乱数2発(82%

 

メガクチート(H252)

ダメージ:84~100

割合:53%~63% 確定2発

 

ヒードラン(H252)

ダメージ:156~184

割合:78%~92% 確定2発

 

 

ギルガルド刃(H252)

ダメージ:136~162

割合:81%~97% 確定2発

 

 

れいとうビーム ダウンロード後C+1

 

ジャラランガ(無振り)Z使用後D+1

ダメージ:78~92

割合:52%~61% 確定2発

 

ランドロス(H252)チョッキ

ダメージ:192~228

割合:97%~116% 乱数1発(93%

 

 

ガラガラ(アローラ)

 

性格:いじっぱり

特性:ひらいしん

実数値:167-128-130-xxx-115-65

持ち物:ふといホネ

わざ:フレアドライブ・シャドーボーン・けたぐり・まもる

 

 

《ダメージ計算》

 

◎けたぐり

 

メガガルーラ(H252)

ダメージ:160~190

割合:75%~89% 確定2発

 

ヒードラン(H252)

ダメージ:184~218

割合:92%~110% 乱数1発(68%

 

◎シャドーボーン

 

ギルガルド(H252)

ダメージ:146~174

割合:87%~104% 乱数1発(25%

 

 

 

【おわりに】

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

ギルガルドヒードランに困ったら、ぜひ一度お試ししていただけたらうれしいです(*^^*)

最後になりますが、最鈍バンギラスが多かったので、2匹ともすばやさは最鈍にしようと思います。

 

 

ガラガラ&ファイヤー【シーズン5全国ダブル】

 

こんにちは、シーズン5お疲れ様でした。

みなさまはどんなシーズンになったでしょうか?

 僕は全国ダブルレート1814で最高レートを更新できたシーズンになりました。

 

今回はそのパーティについて書いていこうと思います。 

 

f:id:tea000:20170921171525p:plain

 

 


【このパーティの概要】

以下の①~⑤の組み合わせを試合ごとに組み合わせて戦う感じでした。

 

①  

 強気に動かして全抜きします。

 

② 

 トリルをしてガラガラのじしんで全抜きします。

 

③ 

 ペルシアンでめいそうのサポートをしてレヒレで全抜きします。

 

 ④  

 トリル下で高火力(ねっぷうとじしん)で全抜きします。

 

⑤ 

 電気から味方を守ります。

 

⑥ 

 困ったときはこの並びでいきます。

 

 

【それぞれのポケモンについて】

 

メタグロス

性格:ようき

努力値:AS252

実数値:155-187-151-xxx-110-134

特性:クリアボディ

持ち物:メタグロスナイト

技構成:アイアンヘッド・れいとうパンチ・かみなりパンチ・まもる

 

フロッゼ さんという方のブログで紹介されていた型そのままです。

クリアボディが強く進化のタイミングが大切でした。

②2種のパンチはすごく使いやすかったです、ファイヤーがいることもありエスパー技がなくても大丈夫でした。

 

 

 

ファイヤー

性格:ひかえめ

努力値:HCS

実数値:194-xxx-110-191-105-116

特性:プレッシャー

持ち物:とつげきチョッキ

技構成:もえつきる・ぼうふう・めざめるパワー(地)・ねっぷう

 

こちらもフロッゼ さんという方のブログで紹介されていた型そのままです。

①もえつきるをするタイミングをつかめるようになってから勝てるようになりました。 

②トリル下でガラガラと並ぶとかなり強かったです。

 

 

 

 

クレセリア

性格:れいせい

努力値:HC252

実数値:227-xxx-140-139-150-95

特性:ふゆう

持ち物:エスパーZ

技構成:サイコキネシスれいとうビーム・どくどく・トリックルーム

 

(性格は手持ちにいた個体がれいせいだったためです)

①どくどくは相手の積みポケモンに対してうちます、結構便利でした。

②パーティにZがいなかったこととクレセリアが置物にならないようにするためにエスパーZにしています。

 

 

 

ガラガラ

性格:ゆうかん

努力値:HA252

実数値:162-145-130-xxx-101-45

特性:ひらいしん

持ち物:ふといホネ

技構成:じしん・いわなだれ・はたきおとす・まもる

 

① トリル下での強さはもちろんですが、ひらいしんで味方を守ることが仕事にもなっていました。

②HD気味にして相手の抜群の攻撃を耐える型も試しましたが、僕的には最高火力のほうが使いやすかったです。理由は、相手をガラガラのじしん圏内にすれば勝ちという状況をその方が作りやすかったためです。

 

〈ダメージ計算〉

◎ じしん 
 ウルガモス(無振り)ダメージ: 144〜171
 割合: 90%〜106.8% 乱数1発 (43.8%) 
 
 メガガルーラ(H振り)ダメージ: 102〜121
 割合: 48.1%~57% 乱数2発 (90.2%)

 

 カプ・レヒレ(H振り)ダメージ: 91〜108
 割合: 51.4%~61% 確定2発

 

 ◎いわなだれ

 メガリザードンY(HD振り)ダメージ: 188〜224
 割合: 101.6%~121% 確定1発

 

 

 

ペルシアン

性格:おくびょう

努力値:HDS

実数値:159-xxx-80-95-100-180

特性:ファーコート

持ち物:オボンのみ

技構成:ねこだましイカサマ・バークアウト・すてゼリフ

 

①とても器用な子です、味方のサポートだけでなくイカサマで攻撃していけることも魅力的でした。

②半分回復きのみよりオボンのみのほうが発動しやすく場持ちしやすかったです。

 

 

 

カプ・レヒレ

性格:ずぶとい

努力値:HC252

実数値:177-xxx-148-144-150-105

特性:ミストフィールド

持ち物:ウイのみ

技構成:ムーンフォース・だくりゅう・めいそう・まもる

 

 ①きのみを食べるまでとにかく積みます、食べたら攻撃します。2積みできれば全抜きできた印象です。このパーティがリザードンY、ギルガルド、レヒレをすごく呼びますが、このポケモンたちを積みの起点(多少強引ですが)にして積んでいきます。

 ②Zわざがとんでくることがほとんどなので、まもるで防ぐことや電気Zをひらいしんで吸うことが大切でした。

 

 

 

 

《感想》

天候パーティに対して明確な答えができていないことやZわざがあまり活かせていないことが課題に感じています。

クレセリアの型を変えるかクレセリアの枠を変えるか、かなと思っています。

 

このパーティは組み合わせがたくさんあり、いろんな組み合わせで戦えることが楽しくて強みでした。

なにより、ファイヤーとガラガラと1800にこれたことが嬉しかったです。

 

 

QRパーティも公開してみたので、よかったらお試しください!

 

毎シーズン言っていますが、次こそ1800に早く到達してその先にチャレンジしていきたいです。 

ここまで読んでくださりありがとうございました、みなさまのポケモンの時間が良い時間になりますよう。

 

 

キュウコン&グレイシア【シーズン3WCSレート】

こんにちは、シーズン3お疲れ様でした。

みなさまはどんなシーズンを過ごされましたか?

 

今回はJCSとシーズン3で使用したパーティについて書いていこうと思います。

《成績》

◎JCS(1600)

(A)8-1(B)11-3(D)9-1

◎WCSレート(1810)

 

 

早速ですが、今回のパーティはこちらです。

 

f:id:tea000:20170515155105p:plain

シーズン2に引き続き、キュウコン&グレイシアを中心とした霰パーティです。

今回は「ルカリオ」と「ニョロトノ」を新たに加えて戦いました。

 

 

【それぞれのポケモンについて】

キュウコン

性格:おくびょう

努力値:CS252

実数値:148-xxx-96-133-120-177

特性:ゆきふらし

持ち物:きあいのたすき

技構成:ふぶき・フリーズドライオーロラベール・まもる

 

①天候をとってもらいます。天候の奪い合いになったときに一撃でやられないように

 持ち物は「きあいのたすき」にしています。

 

 

 

グレイシア

性格:ひかえめ

努力値:HC252

実数値:172-xxx-130-199-115-85

特性:ゆきがくれ

持ち物:いのちのたま

技構成:ふぶき・シャドーボール・めざめるパワー(地)・まもる

 

①持ち物は「とけないこおり」「のんきのおこう」なども使用しましたが、

 火力が足らず、「いのちのたま」にしたところ一気に覚醒しました。

 

〈ダメージ計算〉(打つ機会が多かった相手です)

 ガラガラ(H252)ダメージ: 159〜187
 割合: 95.2%〜111.9% 乱数1発 (62.5%) 
 
 メタグロス(無振り)ダメージ: 146〜172
 割合: 94.1%〜110.9% 乱数1発 (62.5%)

◎めざめるパワー(地)
 ウインディ(H252)ダメージ: 117〜140
 割合: 59.3%〜71%  確定2発
 
◎ふぶき
 カプ・コケコ(無振り)ダメージ: 126〜149
 割合: 86.8%〜102.7% 乱数1発 (18.8%)

 

 

 

ウツロイド

性格:れいせい

努力値:BC252

実数値:185-xxx-99-196-151-97

特性:ビーストブースト

持ち物:リリバのみ

技構成:パワージェム・ヘドロばくだんトリックルーム・まもる

 

①トリル要員で、持ち物を「リリバのみ」にしているので、カミツルギの前でも

 安心してトリルをはれました。

 

②すばやさは、最遅にしてトリル下でカプ・テテフカプ・レヒレ

 上から攻撃できるようにしてあります。

 最遅のテテフとレヒレにはほとんど遭遇せず、すごく使いやすかったです。

 

 

 

アマージョ

性格:いじっぱり

努力値:HA252

実数値:179-189-118-xxx-119-90

特性:じょおうのいげん

持ち物:かくとうZ

技構成:トロピカルキックとびひざげり・フェイント・まもる

 

①相変わらず「じょおうのいげん」が使いやすく、強い特性だと感じました。

 テテフほど警戒されず、先制技をもらう機会が多かったです。

 

 

 

ルカリオ

性格:なまいき

努力値:HD252

実数値:177-130-91-xxx-134-85

特性:せいしんりょく

持ち物:ヨプのみ or オッカのみ

技構成:インファイト・フェイント・このゆびとまれ・まもる

 

 

《新規加入の理由》

 とにかくトリルをはりたい時に、適したポケモンがいないか探していたら、

 ルカリオにたどり着きました。ルカリオは好きなポケモンだったので、

 このパーティにはまってうれしかったです。

 

①ほぼ攻撃を2耐えできるような努力値や持ち物にしてあります。

 「ヨプのみ」はカミツルギウインディ、「オッカのみ」はウインディ

 サブウエポンで炎技を打つポケモンを意識しています。

 

 

 

ニョロトノ

性格:れいせい

努力値:ほぼHC252

実数値:193-xxx-99-155-119-81

特性:あめふらし

持ち物:みずZ

技構成:ハイドロポンプれいとうビーム・あられ・まもる

 

 

《新規加入の理由》

 ウインディギガイアスがパーティで重すぎたため、この二匹に強く、

 一撃で倒せる子を探していたら、ニョロトノにたどり着きました。

 

①すばやさは、トリル下でグレイシアより先に行動できるように下降補整を

 かけています。

 理由は、ニョロトノ「あられ」⇒グレイシア「ふぶき」を打つためです。

 

②「あられ」は、①も理由の一つですが、単に天候を奪うことや、相手のたすきを

 削ることにも優れていて、結構ありでした。

 

③みずZは、良い火力で楽しかったです。

 

 

〈ダメージ計算〉(打つ機会が多かった相手です)

◎みずZ(フィールド:雨)

 テッカグヤ(H252)ダメージ: 202〜238
 割合: 99%〜116.6%  乱数1発 (93.8%)

 

 カプ・テテフ(H252)ダメージ: 183〜216
 割合: 103.3%〜122% 確定1発

 

◎みずZ(フィールド:砂)

 ギガイアス(H252)ダメージ: 218〜258
 割合: 113.5%〜134.3%  確定1発

 

◎みずZ(特攻ランク-1)

 ウインディ(H252)ダメージ: 218〜258
 割合: 110.6%〜130.9%  確定1発

 

 

 

【感想】

JCSは1600を目標にしていて、負ける前に止めてしまったのでもう少しチャレンジすればよかったです。

WCSレートも日程ギリギリで1800にのれたので、次はもっと早めに1800に行けるようにして、1800帯で戦えるようになりたいです。

 

 

【次シーズンについて】

次シーズンも、キュウコン&グレイシアで戦いたいと思っています。

 

あと、僕はドレディアが一番好きなポケモンなので、次はドレディアと1800も目指したいなぁなんて思っています。

(実は、シーズン3で「しぜんのちから」ドレディアを使っていたのですが、

 気付いたら1400台前半で戦っていました、笑

 ただ、可能性はかなり感じたので、良い報告ができるように頑張りたいです)

 

JCSでしばらく燃え尽き症候群だったのですが、次は全国ダブルにも目を向けて、

楽しんでいけたらと思います。

 

ここまで、読んでくださりありがとうございました!

では、失礼します、

みなさまのポケモンが良い時間になりますよう…。

 

アマージョ【シーズン2WCSレート】

こんにちは、ティーと申します。

サンムーンのWCSレートで1809を達成できたパーティを紹介します。

 

【コンセプト】

あられのなかでのサポートを受けてがふぶきでごり押す!


 

 

 

【基本的な戦い方】

の初手でトリックルームを発動

・後続のでフェイントとふぶきでごり押し

 

といった戦い方です。

 

 

基本的には、①の4匹を選出し、

(鋼ポケモンがきつかったです)

辺りが2匹以上いるときは、

 

の4匹を選出していました。

 

 

 

【それぞれの紹介】

キュウコン

性格:おくびょう

特性:ゆきふらし

持ち物:きあいのタスキ

努力値:CSに全振り

技構成:ふぶき・フリーズドライオーロラベール・まもる

 

・基本的にふぶいて、相手を後続ののふぶき圏内にもっていくお仕事でした。

相手の初手にがいるときはオーロラベールを貼り、のサポートをします。

はベール下なら、ひかえめサイコキネシス(サイコフィールド下)までは、確定で耐えてくれます。おくびょうならが珠でも、ほぼ耐えてくれます。

オーロラベールですが、とりあえずで貼ってしまうと味方が相手にうまく落としてもらえず、トリルターンを消費してしまうことがありました。

 

 

ウツロイド

性格:ひかえめ

特性:ビーストブースト

持ち物:リリバのみ

努力値:BCに全振り

技構成:パワージェム・ヘドロばくだんトリックルーム・まもる 

 

・完全にトリル要員

相手の初手にを出されることが多く、リリバのみを持たせることでの前でも安心してトリルを発動することができました。また、上記で示した鋼ポケモンに対しても、1発は耐えてくれるため強気に行動できることが使いやすかったです。

努力値をBに振りにして、相手の初手の、まもるとじならし(割とされることが多かったです)といった行動や、のBはぺらぺらだろうといった感じの相手にも安心してトリルを発動することができました。

 

改善点としては、基本トリル下で動くため、Sに下降補正をかけて、といった95族に抜かれ調整した方が良さそうに感じています。

 

 

アマージョ

性格:いじっぱり

特性:じょおうのいげん

持ち物:かくとうz

努力値:HAに全振り

技構成:トロピカルキックとびひざげり・フェイント・まもる

 

・今回の影の主役

トリル下でがあばれるためのサポート要員。フェイントでふぶきを通すことや、フェイントでHPを少し残した相手のお掃除をすることも多かったです。

 

特性『じょおうのいげん』による先制技封じが強く、トリル下でのバレットパンチや、はらだいこからじこあんじをしたにかげうちをさせないなど、トリル下で相手の攻撃をうまく防ぐことができました。

また、初手に後ろからを投げて相手のねこだましを防ぎ、味方のトリルをサポートするなど、とにかく便利でした。

持ち物のかくとうzは、相手のといったトリル要員を倒すことや(味方の攻撃と合わせて)、パーティ単位できついといったポケモンたちをむりやり削って、のふぶきやシャドーボール圏内にもっていくことが多かったです。

といった相手のトリルアタッカーを一撃で倒せることもあり、とても使いやすかったです。

 

トロピカルキックは相手のAを一段階下げるため、トリル下でこちらの障害になってくるたちに対して有効でした。

 

は耐久もあり、でんきとみずの耐性もあるので、カプたち相手にも果敢にに戦えることが心強かったです。

 

とにかくできることが多く、確実に今回のキーになっていたと思います。

 

 

  グレイシア

性格:ひかえめ

特性ゆきがくれ

持ち物:とけないこおり

努力値:HCに全振り

技構成:ふぶき・めざめるパワー(地)・シャドーボール・まもる

 

・今回の主役

ふぶきの火力を高くしたかったため持ち物はとけないこおりにしました。

当初はひかりのこなでしたが火力が足りず、とけないこおりに変更しました。

 

ふぶきのダメージ量は、無振りに約8割~9割、無振りに約6割~7割、無振りに約3割~4割となっています。このダメージ量なので、後出しを許すこともほとんどなく、のフェイントとふぶきで大いにあばれてくれました。

 

ふぶきが通らないといった相手には、シャドーボールとめざめるパワーで抜群をとるか、ある程度相手が削れていれば、ふぶきのごり押しとあられダメージで、にいたってはフレアドライブの反動込みで倒していました。

ちなみに、いじA特化のフレドラまでならベール込みで確定で耐えてくれます。

 

は気持ちが通じると、相手を凍らせてくれたり、雪にかくれて攻撃をかわしてくれる、とっても頼もしい子でした。

最後までかちすじを残してくれるのは、この子の強みだなと感じました。

 

 

ギャラドス

性格:いじっぱり

特性:いかく

持ち物:みずz

努力値:HAに全振り

技構成:たきのぼり・じしん・かえんほうしゃ・まもる

 

・いかく&zわざ要員

高いAからのzわざで、たいていのポケモンを倒してくれます。

を選出しないときに出るので、を倒すためにかえんほうしゃ

じしんはなんとなく便利だからという理由で採用してしまっているので、

がいないときにがすごくきつかったので、こおりのキバと迷っていました。

 

いろいろなところから10万ボルトがとんでくるので、そこが注意でした。

 

 

カプ・コケコ

性格:れいせい

特性エレキフィールド

持ち物:いのちのたま

努力値:HAに全振り

技構成:ワイルドボルトマジカルシャインくさむすび・まもる

 

・S判定&フィールド奪取担当

当初はせっかちASぶっぱの子を使っていましたが、このパーティはだいたいトリル下で戦うため、Sが遅い方が戦いやすいかも、と思い性格をれいせいにしてみました。

S実数値は130で、おもにとのS関係の判定が便利でした。

に関しては、相手の方が早ければ、準速以上かスカーフと考え、フィールドが奪え火力を抑えられます。またこちらの方が早ければ、フィールドは奪われますが素直に上から叩けます。とのフィールドのやりとりが使っていて楽しかったです。

 

ちなみに、性格がゆうかんではなく、れいせいであるのはに対して、くさむすびのダメージ量を増やしたかったためです。

 

マジカルシャインはほとんど使用する機会がなく、も基本的にはのいないときの選出なので、に4倍弱点をつけるめざめるパワー(氷)のほうが確実に良いと感じました。

 

 

【感想】

・得意な点

御三家と呼ばれる入りのパーティには、トリルしてふぶいてれば勝てた感じで、あたるとラッキーと思えました。面倒なリサイクルやバークアウトといったポケモンたちは、ふぶきの試行回数を稼げるので、凍らせることや急所に当ててくれることもあり、あまり気にせず戦うことができました。

 

・苦手な点

こちらのの初手に強いや、天候がうまく奪えない入りのパーティに苦戦することが多かったです。特にスカーフによくやられていました。またや、特ににはほぼ勝てませんでした。

 

 

【最後に】

このパーティは使っていて、ほんとうに楽しかったです 。

 

このパーティの戦績ですが、

全国ダブル1700、WCS1800、INC(February)1700、といった感じで、そこそこ勝てるのではと思います。

 

今後はこのパーティを改良して、次なる目標の1850〜1900を目指していこうと思います。

 

説明不足や言葉足らずで、拙い文章だったと思います。

 

最後まで、読んでくださり、ありがとうございました。

 

みなさまのポケモンバトルが、 より楽しい時間になりますよう。

 

twitter.com