読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WCS1800達成 「アマと雪の女王」

こんにちは、ティーと申します。

サンムーン、WCSレーティングにて目標の1800を達成できたので、そのパーティを紹介します。

 

【コンセプト】

あられのなかでのサポートを受けてがふぶきでごり押す!

名付けて「アマと雪の女王」パーティです。

 

 

 

【基本的な戦い方】

の初手でトリックルームを発動

・後続のでフェイントとふぶきでごり押し

 

といった戦い方です。

 

 

基本的には、①の4匹を選出し、

(鋼ポケモンがきつかったです)

辺りが2匹以上いるときは、

 

の4匹を選出していました。

 

 

 

【それぞれの紹介】

キュウコン

性格:おくびょう

特性:ゆきふらし

持ち物:きあいのタスキ

努力値:CSに全振り

技構成:ふぶき・フリーズドライオーロラベール・まもる

 

・基本的にふぶいて、相手を後続ののふぶき圏内にもっていくお仕事でした。

相手の初手にがいるときはオーロラベールを貼り、のサポートをします。

はベール下なら、ひかえめサイコキネシス(サイコフィールド下)までは、確定で耐えてくれます。おくびょうならが珠でも、ほぼ耐えてくれます。

オーロラベールですが、とりあえずで貼ってしまうと味方が相手にうまく落としてもらえず、トリルターンを消費してしまうことがありました。

 

 

ウツロイド

性格:ひかえめ

特性:ビーストブースト

持ち物:リリバのみ

努力値:BCに全振り

技構成:パワージェム・ヘドロばくだんトリックルーム・まもる 

 

・完全にトリル要員

相手の初手にを出されることが多く、リリバのみを持たせることでの前でも安心してトリルを発動することができました。また、上記で示した鋼ポケモンに対しても、1発は耐えてくれるため強気に行動できることが使いやすかったです。

努力値をBに振りにして、相手の初手の、まもるとじならし(割とされることが多かったです)といった行動や、のBはぺらぺらだろうといった感じの相手にも安心してトリルを発動することができました。

 

改善点としては、基本トリル下で動くため、Sに下降補正をかけて、といった95族に抜かれ調整した方が良さそうに感じています。

 

 

アマージョ

性格:いじっぱり

特性:じょおうのいげん

持ち物:かくとうz

努力値:HAに全振り

技構成:トロピカルキックとびひざげり・フェイント・まもる

 

・今回の影の主役

トリル下でがあばれるためのサポート要員。フェイントでふぶきを通すことや、フェイントでHPを少し残した相手のお掃除をすることも多かったです。

 

特性『じょおうのいげん』による先制技封じが強く、トリル下でのバレットパンチや、はらだいこからじこあんじをしたにかげうちをさせないなど、トリル下で相手の攻撃をうまく防ぐことができました。

また、初手に後ろからを投げて相手のねこだましを防ぎ、味方のトリルをサポートするなど、とにかく便利でした。

持ち物のかくとうzは、相手のといったトリル要員を倒すことや(味方の攻撃と合わせて)、パーティ単位できついといったポケモンたちをむりやり削って、のふぶきやシャドーボール圏内にもっていくことが多かったです。

といった相手のトリルアタッカーを一撃で倒せることもあり、とても使いやすかったです。

 

トロピカルキックは相手のAを一段階下げるため、トリル下でこちらの障害になってくるたちに対して有効でした。

 

は耐久もあり、でんきとみずの耐性もあるので、カプたち相手にも果敢にに戦えることが心強かったです。

 

とにかくできることが多く、確実に今回のキーになっていたと思います。

 

 

  グレイシア

性格:ひかえめ

特性ゆきがくれ

持ち物:とけないこおり

努力値:HCに全振り

技構成:ふぶき・めざめるパワー(地)・シャドーボール・まもる

 

・今回の主役

ふぶきの火力を高くしたかったため持ち物はとけないこおりにしました。

当初はひかりのこなでしたが火力が足りず、とけないこおりに変更しました。

 

ふぶきのダメージ量は、無振りに約8割~9割、無振りに約6割~7割、無振りに約3割~4割となっています。このダメージ量なので、後出しを許すこともほとんどなく、のフェイントとふぶきで大いにあばれてくれました。

 

ふぶきが通らないといった相手には、シャドーボールとめざめるパワーで抜群をとるか、ある程度相手が削れていれば、ふぶきのごり押しとあられダメージで、にいたってはフレアドライブの反動込みで倒していました。

ちなみに、いじA特化のフレドラまでならベール込みで確定で耐えてくれます。

 

は気持ちが通じると、相手を凍らせてくれたり、雪にかくれて攻撃をかわしてくれる、とっても頼もしい子でした。

最後までかちすじを残してくれるのは、この子の強みだなと感じました。

 

 

ギャラドス

性格:いじっぱり

特性:いかく

持ち物:みずz

努力値:HAに全振り

技構成:たきのぼり・じしん・かえんほうしゃ・まもる

 

・いかく&zわざ要員

高いAからのzわざで、たいていのポケモンを倒してくれます。

を選出しないときに出るので、を倒すためにかえんほうしゃ

じしんはなんとなく便利だからという理由で採用してしまっているので、

がいないときにがすごくきつかったので、こおりのキバと迷っていました。

 

いろいろなところから10万ボルトがとんでくるので、そこが注意でした。

 

 

カプ・コケコ

性格:れいせい

特性エレキフィールド

持ち物:いのちのたま

努力値:HAに全振り

技構成:ワイルドボルトマジカルシャインくさむすび・まもる

 

・S判定&フィールド奪取担当

当初はせっかちASぶっぱの子を使っていましたが、このパーティはだいたいトリル下で戦うため、Sが遅い方が戦いやすいかも、と思い性格をれいせいにしてみました。

S実数値は130で、おもにとのS関係の判定が便利でした。

に関しては、相手の方が早ければ、準速以上かスカーフと考え、フィールドが奪え火力を抑えられます。またこちらの方が早ければ、フィールドは奪われますが素直に上から叩けます。とのフィールドのやりとりが使っていて楽しかったです。

 

ちなみに、性格がゆうかんではなく、れいせいであるのはに対して、くさむすびのダメージ量を増やしたかったためです。

 

マジカルシャインはほとんど使用する機会がなく、も基本的にはのいないときの選出なので、に4倍弱点をつけるめざめるパワー(氷)のほうが確実に良いと感じました。

 

 

【感想】

・得意な点

御三家と呼ばれる入りのパーティには、トリルしてふぶいてれば勝てた感じで、あたるとラッキーと思えました。面倒なリサイクルやバークアウトといったポケモンたちは、ふぶきの試行回数を稼げるので、凍らせることや急所に当ててくれることもあり、あまり気にせず戦うことができました。

 

・苦手な点

こちらのの初手に強いや、天候がうまく奪えない入りのパーティに苦戦することが多かったです。特にスカーフによくやられていました。またや、特ににはほぼ勝てませんでした。

 

 

【最後に】

このパーティは使っていて、ほんとうに楽しかったです 。

 

このパーティの戦績ですが、

全国ダブル1700、WCS1800、INC(February)1700、といった感じで、そこそこ勝てるのではと思います。

 

今後はこのパーティを改良して、次なる目標の1850〜1900を目指していこうと思います。

 

説明不足や言葉足らずで、拙い文章だったと思います。

 

最後まで、読んでくださり、ありがとうございました。

 

みなさまのポケモンバトルが、 より楽しい時間になりますよう。

 

twitter.com